借りやすいカードローン 即日融資

借りやすいカードローンTOP3

私が使ってきた会社の中でも、借りやすい!と感じたカードローン会社を紹介します。

 

アコム

即日融資ならアコムが早い!アコムは消費者金融でも審査時間、即日融資スピードはトップクラスです。審査時間は最短30分、平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXしアコムが確認すれば、当日に振込融資が可能となっています!

三菱UFJフィナンシャルグループの絶対的な信頼感と安心感によって顧客対応は非常にレベルが高く、銀行系消費者金融の代表的な存在です。

金利4.7%〜18.0% 限度額最高500万円は借り換えやおまとめローンとしても利用が可能になっています。

金利 限度額 審査時間
4.7%〜18.0% 最高500万円 最短30分

>>アコム公式サイトはこちら<<

プロミス

プロミスは金利に続き、即日融資でもランクイン!プロミスは正式審査回答まで最短30分!平日14時までにWEB契約完了することで即日融資が可能です!

即日融資は消費者金融カードローンの独壇場と言っても良いほど、消費者金融のレベルは高いです。プロミスも平日14時までのWEB契約をクリアすれば、自分名義の銀行口座へ申込み当日に振込融資OK!プロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービスも合わせれば、金利・即日融資ともに満足できる内容となっています。

金利 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

>>プロミス公式サイトはこちら<<

モビット

三井住友銀行グループのモビットは抜群の知名度と安心感により、人気が高いカードローンです。金利は4.8%〜18.0%、限度額最高500万円とスペックは高く、PC・スマートフォンからWEB完結ができる為、電話連絡・郵便物は一切無く借入することが可能です!

モビットカードの発行もありませんので、カードローン借入を知られたくない人などは、モビットへの申込みがおすすめです。モビットは平日14:50までに振込手続き完了で即日融資が可能(審査によっては不可もあり)となっており、スピード審査・即日融資対応は上位のカードローンとなっています。

金利 限度額 審査時間
4.8%〜18.0% 最高500万円 ※最短30分

即日融資で借りやすいカードローンを探してみました

審査が甘いとか無審査とかお金を借りたい人にはすごく耳触りの良い言葉を連ねている会社って、十中八九闇金融とか街金だったりします。ですので、どんなにしんどい状況であっても、違法業者には手を出さないでほしいです。

 

じゃぁ、借りやすい会社はないのか?と言うと可能性はゼロではありませんでした。
そもそも貸金業者、とくに消費者金融に関してはお金を融資して回収してナンボという会社です。

 

甘いとか緩いとか無審査といった言葉を使うことは法律上禁止されていますが、それは建前上の話。
ふたを開けてみれば、思ったよりも審査が通りやすかったりする会社もあります。

 

貸金業者によって与信システムは違っていますから、大手A社で通らなくても、大手B社で借りられることはざらにあります。
こちらのサイトで紹介されている会社だと私は予想していたよりもラクに審査が通り、即日でお金も借りられました。
借りやすいカードローン会社を探している方は利用してみてください。

 

 

ただ、過去に返済遅延や自己破産といった個人信用情報に残るようなことをしていた場合は、
情報が残っている間ローンを組むことはできませんので借り入れは素直にあきらめましょう。

身を守るために。違法業者の見分け方

即日融資OK、借りやすいカードローンなんて甘い誘惑をしている貸金業者は違法業者間違いナシであることは周知のとおり。
でも、そんな文言なしでもコツコツ活動している違法業者はいるもので、正規業者だと思って尋ねたら闇金だった、なんてこともあるわけです。

 

さて、そこでどうやって見分けたら良いか?という話になるといくつかチェックすべきポイントがあります。
ここでは5つのポイントを紹介します。

 

@宣伝文句
なんども説明しているので、うっとおしく感じるかもしれませんが誘惑する気マンマン、香ばしい香りがする宣伝文句に気を付けましょう。
審査甘い、無審査以外にも、「無条件」、「借り入れが困難な方」、「秒速借り入れ」、「ズバリ貸します」、「どなたでもOK」など
挙げたらきりがありませんが、こういった宣伝もNG。要はだれでも借りれますというニュアンスが漂わせてはいけないわけです。

 

A住所
本社や営業所の所在地が公式サイトや広告に記載されているか見てみましょう。
郵便局留めなどは問題外!

 

B電話番号
ちゃんと会社所有の番号がチェックしましょう。「090」など携帯電話番号なら間違いなくNG。

 

C登録番号
貸金業者は必ず登録しなければならないものです。基本的に貸金業者は財務局または都道府県に登録する義務があります。
どちらに登録するかは、複数店舗を県内外で展開する場合と1つの都道府県で活動するかの違いです。
登録番号は「貸金業者の登録管轄先、年数、番号」の順に記載されています。
「都=東京都」、「大阪=大阪府」、「道=北海道」といった感じで都道府県名は表記されています。

 

年数は3年ごとに更新されています。つまり、3年未満は(1)、6年未満は(2)。数字が小さいほど会社としては若いことを示しているのです。

 

D協会会員番号
これは任意団体の協会なので必ず業者が持っているかと言うとそんなことはありません。ただ、暗黙の了解で真っ当な会社ならば
登録するでしょー、となっているらしいです。

 

トイチって何?

トイチというとミナミの帝王が思い浮かぶかもしれません。あのトイチとは10日で1割の金利が発生するからトイチと思っているのではないでしょうか。
もともとは貸金業登録の番号から由来しています。貸金業者はまず東京に登録しますので、「都(1)」(トイチ)と表記されることになります。
形式上、登録できたわけなので悪徳な業者はここで化けの皮を脱いで暴利をむさぼるわけです。
開業と廃業をくりかえしているの悪徳業者は歴史の浅い(1)以上は数字が増えません。貸金業の歴史が(1)だった場合はトイチの銭に苦しむことになるので気を付けましょう。